冷凍作り置き×レンチンで時短! 簡単! 離乳食

こんにちは! シバママです!

夫単身赴任のため、ワンオペで3歳と1歳の男子を育てています。

離乳食ってなんだか面倒臭いですよね。

3回食になると1日中離乳食のことを考えていることも。

できる限り手を抜きたいと思いつつ、できる限り手作りのものを食べさせたい!

この2つの願いを両立すべく、我が家では冷凍作り置き食材を使って、レンチンのみ、時短でレパートリーに富んだ離乳食を作っています。

ということで、今回は我が家の時短! 簡単! 冷凍作り置き離乳食を紹介します!

目次

シンプルな作り置き材料で無限の食事レパートリー!

我が家の離乳食は至ってシンプルな構成です。

「主食」と「タンパク質」と「野菜ミックス」をそれぞれ別で冷凍して、食べさせるときに組み合わせてチンするだけです。

野菜ミックスだけ、だし入りとだしなしがありますが、基本的に全て味なしなので、味付けは食べる前のレンチン前後で行います。

要するに、未完成の材料を冷凍して、最後のレンチンで調理を完成させる感じです。

例えば、「軟飯」×「白身魚(タラ)」×「野菜ミックス(だしなし)」×「かぼちゃ」をチンして、粉ミルクを混ぜれば「鱈とかぼちゃのミルクリゾット」になります。

出汁なしの野菜ミックス。この時は玉ねぎとにんじん
レンジから取り出して粉ミルクを入れればかぼちゃクリームリゾットの出来上がり!

風味づけにバターを入れても良いかもしれません。

かぼちゃの代わりにクリームコーンを足せば「コーンクリームシチューリゾット」、かぼちゃなしならシンプルな「クリームリゾット」、チーズを乗せれば「ドリア」になります。

白身魚ではなく鶏肉を入れることも多いかな。

ほかにも、「軟飯」×「野菜ミックス(だし入り)」で温めてから納豆を混ぜて「スタミナ納豆ご飯」にすることも。

だし入りの野菜ミックス。この時は大根とにんじんと菜の花
温めたら納豆を入れて出来上がり!

離乳食の進み具合にもよりますが、味噌や醤油、トマトケチャップなどを入れて味に変化をつけても良いですし、主食を米ではなくマカロニやパンにするなどの方法も。

マカロニ×タラ×野菜ミックス×トマトでパスタ

このように作り置き自体はシンプルなのに、無限のレパートリーを秘めています。

むしろ、シンプルな冷凍ストックだからこそのレパートリーなのかもしれません。

なお、時期によって食べられるもの、味付けや適切な分量がありますが、我が家では下の本を参考にしました。

冷凍作り置きの仕込みも超簡単!

それでは、私が常備している「タンパク質」「野菜ミックス」の作り方を紹介します。

先に言っておくと、超簡単です。

タンパク質

鶏肉や豚肉は茹でてフードプロセッサーでそぼろ状にして、ジップロックなどチャック付きの冷凍保存袋にシート状に入れて冷凍しています。

茹でてフードプロセッサーでみじん切りした鶏胸肉
シート状にして冷凍

魚も、茹でたら冷凍保存袋に入れて、袋の上から潰し、骨をとってシート状にして冷凍します。

魚は沸騰したお湯に入れて放置すればいい感じに火が通る
袋ごと揉む。骨を取るのを忘れずに
これくらい薄くしておけば冷凍しても折りやすい

使うときはポキポキ折って、適量、取り出します。

量はそれなりに適当に

野菜ミックス

フードプロセッサーでみじん切りにした数種の野菜を煮たものを、キューブ状に冷凍しています。

野菜の分量はいつも適当で、煮るときにだしを入れた「和風」と、だしを入れない「洋風」の2タイプ用意しています。

この時はキャベツとにんじんとブロッコリー
フードプロセッサーを使えば一瞬で粉々に。粒度は成長具合に合わせて
鍋で煮るのみ。ここで出汁を入れれば和風になる
リッチェルのわけわけフリージングを愛用中

なお、洋風の方にトマトを入れて酸味が飛ぶくらい煮込むとトマトソースになります(もちろんトマト缶でも可!)。

トマト缶を入れて煮込むとトマトソース! 分量は適当で大丈夫!

味付けをしていないので、赤ちゃんでも使えるトマトソースです。

味のアクセントに用意しているもの

基本的に、主食と上記のタンパク質、野菜ミックスがあれば食事が成り立つと思いますが、我が家では味のアクセントに以下のものもたまに用意しています。

かぼちゃ

レンジでチンして、皮以外をジップロックに入れて袋ごと潰して、シート状に冷凍しています。

味に変化をつけたい時に、折って適量入れています。

クリームコーン

コーンスープ風味にしたい時に、入れています。

缶詰のものを購入して、使った残りをキューブ状に冷凍しています。

ひじきの煮物

味極薄のひじき煮を作って、シート状に冷凍しています。

和風にしたい時に、入れています。

フォローアップミルク・粉ミルク

栄養を足すためと、子供が好んで食べるので、ミルク系を加えるときもあります。

粉ミルクやフォローアップミルクはあまりがちなので、離乳食に混ぜて消費します。

離乳食は継続が肝! 手を抜きながら楽しもう!

離乳食は赤ちゃんが初めて食べる食事だから、味覚の発達のためにもなるべく色々なものを食べさせてあげたい。

しかし、子供は成長とともにどんどん手がかかり、目が離せないことも増えてきます。

離乳食作りに時間をかけられない方も多いのではないでしょうか。

冷凍ストック&レンチン離乳食なら、短時間で食事の用意ができますよ!

私は、家庭料理は継続することが大事だと思っています。

続けやすいよう、工夫して楽しみながら乗り切りましょう〜!

下に我が家で使っている器具や素材を貼っておきますので、よかったら参考にしてくださいね。

パナソニック フードプロセッサー MK-K81-W ホワイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる