【A-プライス購入品】長州どり ささみチーズカツ【正直レビュー】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは、シバママです。

2020年の秋に10年間勤めた出版社を退職し、フリーランス編集者として独り立ちをして、2021年の8月より当ブログの運営を始めました。

洗い物は嫌いですが食べることと作ることは大好きで、日々時短料理や質の良さげな冷凍食品をリサーチしています。

贅沢を言うなれば、なるべく国産にこだわりたい今日この頃です。

今日はA-プライスで見つけためっちゃ美味しい冷凍ささみチーズカツを紹介します!

冷凍庫に入れておけば食べたいときにいつでも揚げたてが食べられる、神の食材・冷凍フライを求めて、再びA-プライスを徘徊しに行ったら、何やらめちゃくちゃ高級感漂う美味しそうな商品を見つけました。

その名も「長州どり ささみチーズカツ」。

ささみチーズカツって時点ですでに美味いの塊ですが、デカデカとアピールしてくる「長州どり」が気になって、5枚で616円(税込)という決して安くない値段でしたが、ついついカートイン。

ささみって安いしヘルシーで、チーズとかシソとか梅とか巻いてフライにするとめっちゃ美味しいですよね。

でも作るの死ぬほど面倒臭いし、チーズ入れたフライって揚げると爆発するしで、割とメジャーな調理法なのに作るとなるとちょっと勇気入りますよね。

魚介系の冷凍フライは前に紹介した3品とも美味しかったけど、肉系はどうかな〜と思いつつ、パッケージから感じた美味しそう感を信じて、早速家で食べてみました。

先に言っておくと、感動レベルで美味しかったです!

「長州どり」とは
深川養鶏農業協同組合が生産するブランド鶏で、山口県長門市近郊が主な産地。
抗生物質や合成抗菌薬剤の入った飼料は一切与えず、天然ハーブ入りの飼料で健康的に育てられている。
また、ストレスの少ない平飼いで飼育されている。

A-プライス」とは
株式会社トーホーキャッシュアンドキャリーが経営する、飲食店用の食品や備品を扱う業務用スーパー。
キャッチフレーズは「プロの食材のお店」。
プロ用とはいえ会員制ではないため、一般の方も買い物をすることは可能。
私感を言うと、業務スーパーよりも質と値段がやや高。

目次

商品詳細

「長州どり」の文体に感じる高級感

購入時価格:616円(税込)

安心の国内生産

名称:冷凍ささみフライ
原材料名:鶏肉(山口県産)、パン粉、プロセスチーズ、食塩、しょうゆ、小麦粉、でん粉、植物性たん白、大豆粉、還元麦芽糖粉末、デキストリン、粉末油脂、乾燥卵白、酵母エキス/加工デンプン、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カゼインNa、香料、安定剤(増粘多糖類)、(一部に小麦・乳成分・卵・大豆・鶏肉含む)
内容量:500グラム(5枚)
賞味期限:2022年5月25日(購入日:2021年10月2日)
保存方法:−18℃以下で保存
凍結前加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください
製造者:深川養鶏農業協同組合(山口県長門市)

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー :135 kcal、たんぱく質:14.0 g、脂質:1.9 g、炭水化物:14.8 g、食塩相当量:0.9 g(表示値は目安)

1枚あたりの大きさですが、長さ16センチメートル厚さ2センチメートル、重さは約100グラムでした。

とんかつかと思うレベルの大きさ
そして分厚い

5枚入りで616円なので、1枚あたり約120円です。

調理

調理方法に記されている通り、凍ったまま170℃の油で揚げてみました。

時間は6〜7分とありましたが、油が少なめだったので、キツネ色っぽくなるまでじっくり8分ほど揚げました。

チーズ入りのフライって途中で爆発したりチーズが出てきてしまったりすることがあるのですが、この商品に関しては、そういったことは全くありませんでした。

こんがりキツネ色。美味しそう

こんがりキツネ色になったので油から出して包丁で切ってみたら、まだ火が通っていなかったので、切った方はグリルの温め直しで火を通し、まだ切っていない方は再度油に入れ、合計10分くらいじっくり揚げました。

油が少なめであれば、10分くらい揚げると良いかもしれません。

包丁で切ってみたところ。分厚さがすごい!

断面もしっかり揚がっています。

あと、チーズが表面にいたのに爆発したり溶け出なかったのがすごいです。

自分で準備したフライでこのクオリティを出すのは難しいかもしれません。

味について

同日に購入したほたて貝柱フライと、我が家の定番常備菜であるブロッコリーナムルとともに、ワンプレートフライ定食にしていただきました。

あわせて読みたい
【A-プライス購入品】北海道ぎょれん「ほたて貝柱フライ」【正直レビュー】 こんにちは、シバママです。 2020年の秋に10年間勤めた出版社を退職し、フリーランス編集者として独り立ちをして、2021年の8月より当ブログの運営を始めました。 洗い物...
あわせて読みたい
【材料1つで超簡単】ブロッコリーの一番美味しい食べ方【時短レシピ】 こんにちは、シバママです。 2020年の秋に10年間勤めた出版社を退職し、フリーランス編集者として独り立ちをして、2021年の8月より当ブログの運営を始めました。 現在、...

ささみチーズフライ、一口食べた瞬間に、そのやわらかさに感動しました。

一緒に食べた夫、思わず「うわっ! やわらけぇなこれ……」と思わず呟いたほど。

ささみ特有のパサパサ感は全くなく、しっとりジューシー!

「え? これササミ?」と思ったほど。

チーズともよく合っていて、めちゃくちゃ美味しかったです。

私たちの様子を見て美味しそうに見えたのか、3歳の長男は思わずパパのお皿にある大きなカツにかぶりついていました(流石に全部は食べれず、途中でパパに交代しましたが)。

まとめ

今回は長州どり ささみチーズカツを紹介しました。

抗生物質・合成抗菌剤不使用で平飼いで生産した安全な材料を使用した国内生産

安全かつ美味しいの完璧なマリアージュです。

冷凍の肉類のフライってパサパサしてそうなイメージがあったのですが、それを払拭する美味しさ。

オススメです!

見かけた方はぜひ試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる