『日経WOMAN』11月号付録「リトルミイ万年筆」インクカートリッジの装填方法

こんにちは、シバママです。

普段は雑誌は楽天マガジンで読んでいる私ですが、先日久しぶりに紙の雑誌を購入しました。

日経WOMAN日経ウーマンの2021年11月号です。

目的は付録の「リトルミイオリジナル万年筆」。

万年筆で手紙を書くってなんか憧れません?

いつか欲しいと思いつつ、メンテナンスとか面倒くさそうでなかなか手が出ずにいました。

買った挙句、使わなかったらもったいないし、そもそも手紙なんて書かないし・・・。

なんて思っていたら、書店でこれを見つけてしまいました。

見た目も可愛いし、万年筆入門としては上出来なのでは!? と思い、早速購入することに。

リトルミイって目つき悪いけど可愛いよね

めっちゃ可愛くないですか?

オレンジと青というビビットなカラーリングに、散りばめられた目つきの悪いリトルミイ。

ムーミンの絵柄って手放しに「かわいい!」って言いにくいシュールさが逆にかわいくて好きなんですよね、私。

ペン先はこんな感じ。よくわからないけど万年筆って感じ

インクは青とパープルの2色が入っていましたので、とりあえず無難な青から入れてみることにしました。

しかしここで問題が。

買ってすぐに包装を解いて中身以外を捨ててしまったので、インクの補充の仕方がわかりません。

ネットで調べた感じ、細い方を下にして入れればいいとわかったので、とりあえず入れてみました。

本体を上下でバラして、ペン先側にインクを入れる
インクはこの方向で、細くなっている方をペン先側にして入れる
これで装着できたはず!
閉じる
よーし書くぞ!

本体を閉めて、さて書くぞ〜とペン先を紙に滑らせたところ、インクが出ません。

万年筆なんて初めてなので、ここで一旦詰みそうになりました。

ここでつまづいた人は私だけではないと思います。

自分なりに調べてわかったことですが、今回の付録の万年筆のインクは、欧州規格のショートタイプのもの。

ペン先側のカートリッジと接する部分が尖っていて、装填の際にカートリッジの蓋が破れインクが出る仕組みになっているようです。

要するに、インクが出なかったのはカートリッジの蓋が破れていないから。

先程の装着するだけでなく、グッと押し込まなければいけなかったようです。

ということでリトライ!

力を込めるために蓋をした
かなり力を入れて押し込む!

思ったよりも力を入れて押し込みました。

これ以上入らないよ! というくらいまで押し込んだところ、インクが出ました。

握力が必要です! 壊れないかドキドキしました。

書き味はサラサラです。

次号予告欄にちょっと試し書きをしてみましたがいい感じ!

日経ウーマンさん 落書きしてごめんなさい

とりあえずこれで大丈夫そう。

11月号の付録にはインクカートリッジが2本入っていましたが、使わなかった方のカートリッジも万年筆の鞘に収まりましたので、ここが収納場所としていいかもしれません。

今からじゃ実証使用がないけど、もしかしたら装填時に2本とも入れればあんなに握力使わなくても装填できたのかもしれません。

ということで、今回は日経ウーマン付録のリトルミイオリジナル万年筆のインク装填方法についてご紹介しました。

ちょっと装填が難しかったけど、かわいくてオススメですよ〜!

created by Rinker
¥680 (2022/10/03 21:20:20時点 楽天市場調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる