【ハウスメーカー選び】住友林業 vs スウェーデンハウス:その3【体験談】

こんにちは、シバママです。

2021年に住友林業で延床36坪の家を都内に建設しました。

親の土地に家を建てるというかなり恵まれた条件でスタートした我が家のマイホーム計画ですが、それなりに紆余曲折はありました。

ローンも家だけなので、参考にならない方もいらっしゃるかもしれませんが、家づくりの基礎というか、自分たちにとって最高に住みやすい家を作るために、頭に汗をかいて計画を練りました。

さて、最終的に住友林業と請負契約をしたわけですが、住友林業一択から、スウェーデンハウスとの二択になりました。

結局初めからすみりんだったんじゃん! って言われそうですが、競合せずにあのまま契約するよりも、比べて悩んで決めてよかったと思っているので、どなたかの参考になればと思い、まとめさせていただきます。

今回の話は前回、前々回からの続きなので、こちらも合わせて読んでいただけるとわかりやすいと思います。

あわせて読みたい
【ハウスメーカー選び】住友林業 vs スウェーデンハウス:その1【体験談】 こんにちは、シバママです。 2021年に住友林業で延床36坪の家を都内に建設しました。 親の土地に家を建てるというかなり恵まれた条件でスタートした我が家のマイホーム...
あわせて読みたい
【ハウスメーカー選び】住友林業 vs スウェーデンハウス:その2【体験談】 こんにちは、シバママです。 2021年に住友林業で延床36坪の家を都内に建設しました。 親の土地に家を建てるというかなり恵まれた条件でスタートした我が家のマイホーム...
目次

スウェーデンハウスのファーストプラン【設計士によるプランの説明】

さて、前回のブログでお話ししたように、この日は午前中に住友林業の第3回の打ち合わせ、午後にスウェーデンハウスにファーストプランを見せてもらう第1回打ち合わせというハードスケジュール。

しかも、直前に住友林業に対して不信感を覚えたばかりなので、ちょっと疲れ気味です。

そんな私たちを出迎えてくれたのは、以前お会いした営業の女性と、年配の男性でした。

そう、設計士が出てきたんです。

てっきり住友林業と同様に営業さんからプランの説明があるものと思っていたのに、設計士が出てきました。

申込金(5万円)払っていないのに、設計士が出てきました。

しかも、設計部の「部長」とかそんな感じの肩書きでした。

そして、設計士から間取りについての説明がありました。

ちなみにいただいた間取りの一階部分は大体こんな感じです↓

設計士さんは、平日仕事から帰ってから寝るまで、朝起きてから仕事に出かけるまでの生活動線を丁寧に説明してくださいました。

玄関から入って、洗面台で手を洗い、ファミリークローゼットを通って、上着を脱いだり、スーツから家着に着替えたうえでキッチンへ入れます。

階段脇のスペースにあるスタディカウンターでは、ちょっとした書き物や子供の勉強を。

階段の昇降口にはピアノ置き場。

廊下の洗面台からはリビングと和室の様子が見えるので、ママの朝の支度時に子供の様子を見ることができます。

この家での生活がリアルに想像できる!

今改めて見るとありきたりな間取りな気もしてきますが、箇条書きで要望を伝えただけなのに、間取りだけでかなり気にいるくらい、スマッシュヒットでした。

住友林業の時も、初めは感動しましたが、間取りに、というよりはパースに感動したような気がしますが、スウェーデンは間取りに感動したんです。

設計士さんと営業さんが一生懸命考えてくれたのが、伝わってきました。

そして、

住友林業さんとお話を進められているそうですが、もし当社も候補に入れていただけるのであれば、ご納得いただけるまで相談しながら、いい家を作るお手伝いをさせてください

もう今すぐうちに決めてくれ! もう住友林業に行かないでくれ!

みたいなことを言われるのを覚悟していたのですが、けしてそんな感じではありませんでした。

控え目ながらも、「うちでやらせて!」という気合いを感じ、直前の住友林業による契約押せ押せモードにモヤモヤしたばかりの私の心はガッツリ奪われてしまいました。

初めから設計士、しかも部長が出てきたあたりにスウェーデンハウスの秘めたる闘志を感じ、本気で私たちを獲りにきている! そう強く感じました。

住友林業の営業さんも良かったけど、営業さんはスウェーデンの彼女が一番好きだったかな
もちろん相性の問題もあると思うけど

帰宅後の家族会議【明日のすみりんに向けて】

帰宅後、夫とその日の打ち合わせ内容についてフィードバックをしました。

臨場感を出すために、なるべく会話形式でご紹介します。

やはり設計士に会わねば!

住友林業の間取り、そこまでピンと来なかったっていうか、徐々に微妙になってる気がするんだけど

ピンと来ないってことは、俺たちの生活に合ってないんだろうな

普通の家って感じで、住むイメージがわかないよね。
もっとワクワクさせてくれないかな

間取りを見たら、具体的にその家で生活するイメージを何度も何度もしまくるのがいいらしいぞ

スウェーデンの間取りは設計士さんが説明してくれたから、動線が分かりやすかったよね〜

間取りについては設計士の考えを聞かないことには始まらないってことがわかったな
俺たち的にはイマイチだった住友林業の間取りも、設計士の話を聞けてたら印象が変わったかも

それについては明日ついに会えるから楽しみだね!
5万払うから気兼ねなく修正してもらえそうだし

ってかまた間取りの修正になるのかな
営業さん、何度でも切らせますよって言ってたけど、何回も修正するんじゃなくて一発で俺たちを黙らせてほしいよな

マジそれだわ……

何はともあれ、現時点での住友林業とスウェーデンハウスの圧倒的な差は、設計士が出てきたか否か。

営業の説明と設計士の説明では、説得力が全然違います。

そりゃ、間取りを考えたのは設計士なんだから、そいつから話を聞かねばですよね。

とりあえず設計士と会わねば!

設計士には自由に設計させよう

私思ったんだけど、間取りの修正じゃなくて、白紙に戻して初めから切ってもらわない?

まぁ、今のやつを修正してもらってもこれ以上のものは出なそうだもんな

それでさ、要望だけ伝えて自由に切らせてみたいんだけど

自由に?

設計士って要はデザイナーでしょ?
子供部屋は何畳! とかお風呂は北側! みたいに詳細な指定をすると自由に設計できないと思うのよ
もちろん私たちの要望は伝えるけど、そのうえで設計士さんに自由に描かせてみたいんだよね

確かにその方が設計士の本来の力を引き出せそうだな
ハウスメーカーの強みも出しやすいだろうし

この頃、出版社で編集の仕事をしていた私。

仕事上、ブックデザイナーさんにカバーデザインを依頼することが多いのですが、詳細なラフ画を書くよりも、本の内容と読者層、盛り込んでほしい要素などを伝えて自由にデザインさせたほうが、いいものができることを何度か経験していました。

それもあって、どんな生活がしたくて、最低限これは譲れないっていう要望だけ伝えて、具体的な指示はせずに、プロである設計士さんに、私たちの家を自由に設計させてみたいと思いました。

間取りを自分で書いてそれをもとに作らせるパターンもありますが、設計士の力を封じてしまうような気がするので、個人的にはプロたる設計士の能力に委ねた方が良いのではないかと思います。

我が家の要望を再度リストアップ

そうと決まったら翌日の打ち合わせに向け、我が家の要望を再度リストアップです。

まず、単身赴任のため留守がちな夫から、防犯面を重視したいという意見が出ました。

大きな窓がたくさんある家って、一見開放的だけど、逆に言えば外からも丸見えってことだろ?
落ち着かないし、危なくねぇ?

そういえば道沿いに大きな窓がある家って、木や高い塀、分厚いカーテンなどで窓を覆って視界を遮っている家が多いですよね。

これは私も盲点でした。

ハウスメーカーの提示してくるパースって、家の周りが草原や森だから、大きな窓があると開放的に見えるのですが、実際に家の周りにあるのは他人の家か道路なので、こちらからしたら見たくもない景気を見る羽目になるわ、通りすがりの人から見られるわで、逆に窮屈かもしれません。

とりあえずこれについては明日、設計士に要望しましょう。

住友林業もスウェーデンハウスも、いまいちリビングでくつろぐイメージがつかないんだよね〜。なんだろう……

当たり前のように配置されたソファとローテーブルにいまいちピンと来ないと思いながら、テーブルに積み上げられていた「自家自賛」をめくっていた時『ダイニング中心の家』という特集号が目に飛び込んできました。

住友林業の間取りも、スウェーデンハウスの間取りも、どちらもリビングにピンと来なかった理由がここで発覚。

我が家は基本、ソファなし生活で、家にいるときはずっとダイニングに座っています。

マイホームといえばリビングにソファですが、うちにソファはないので、ソファでくつろぐイメージがつかなかったのです。

そういえば我々が大変気に入った住友林業の幕張第二展示場も、ダイニングと続き間の小上がり和室が「居間」、つまりリビングで、ソファはありませんでした。

私、和室リビングがいい!

あの展示場も和室が居間だったもんな
俺たち一日中ダイニングにいるし、いいんじゃね?

といった感じで、再度ブラッシュアップした我々の譲れない願いはこれです。

・セキュリティとプライバシー
・ワンオペ2人育児が可能な家事効率の良い家
・階段は踊り場付きで、すれ違える幅広タイプ
・お風呂はTOTO
・キッチンは広く使いやすく
・片付けが苦手なので「見せない収納」
・家に帰ったらなるべく早く部屋着に着替えたい

あと、子供部屋については、初めは大部屋にして後から分けるつもりでしたが、途中で工事するの面倒くさくね? って話になり、はじめから分けてもいいことにしました。

大変な事実に気づく【え? 今月中に請負契約?】

この日は午前に住友林業、午後にスウェーデンハウス、そして家に帰ってからこんな話をずっとしていたので、大変疲れました。

そんなとき、打ち合わせシートを見ていた夫から衝撃の一言が。

ところで俺たちマジで今月中に請負契約するの?

え……?

そういえば午前中の打ち合わせで、住友林業の営業さんから契約っぽい話はされたけど、まさか設計士にすら会っていないこの段階で契約の話になるの……?

そういえば急に契約の話になってたけど、契約って『もうここで建てます』っていう契約?

そりゃそうだろ
この打ち合わせシートにも、今月中の契約で年内引き渡しのスケジュール書かれてるし

おいおい冗談だろ?

まさかこんな早い段階で契約の話が出るとは露にも思っていなかったので、困惑オブ困惑です。

住宅営業は押せ押せだと聞いたけど、まさかこんなことが!

先に言っておくと、言葉の行き違いもあったので、住友林業の営業さんが全て悪いわけではありませんが、急かされれば急かされるほど決めたくなくなる私と夫。

(高い買い物なので当たり前ですが)

この後、若干モメることに。

家族会議その後と住友林業との打ち合わせについては、次回続きをお話しします。

あわせて読みたい
【ハウスメーカー選び】住友林業 vs スウェーデンハウス:その4【体験談】 こんにちは、シバママです。 2021年に住友林業で延床36坪の家を都内に建設しました。 親の土地に家を建てるというかなり恵まれた条件でスタートした我が家のマイホーム...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる